Calender

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

-

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2011.03.16 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

TV

クリスマスの約束2010

毎年この季節にやる、小田和正+TBSの企画番組「クリスマスの約束」。
ここ数年ず〜と観てたのですが、今回の録画を先程観終わりました。。。

感想は、がっかりでした。。。。。
小田和正のライブではないです。これはただの歌番組。

何が「クリスマスの約束」なのか?
何の約束なのか? 観ている人達とのいままでの約束はどうしたの?
まったく意味がわかりません。

小田和正は何がしたいのか?
TBSも何がしたいのか?
他のアーティストが持ち歌をうたう番組なら他にもいっぱいあるでしょ?!

約束を裏切られた気持ちです。
最初に聞いたあの感覚や、あの興奮はまったくありませんでした。

ブログに書かずにいられない気分なので書きました。
本当に残念な番組でした。
もう、来年は観ないでしょうね。


補足:昨日は感情的に書いてしまいましたが、wikipediaで
クリスマスの約束」をみて最初の頃の方を思いだしました。

第一回目「クリスマスの約束・・・きっと君は来ない」2001年12月25日。
そうそう、最初はだれにも賛同されずに一人でやってたことを。。。

リスペクトする方の歌を小田が一人で歌うそのスタイルが逆にカッコ
良くて、なにか泥臭くて、人間味があって、クリスマスという年の瀬の
時期にすごくこころにしみてきた事を。

また次回以降にそれを観てその方がゲストで来て一緒にリスペクトする
スタイル!そういう形、筋書きがないものが観たかったのに。。。

今回のはある意味ぜいたくというか何度も来てるゲストを呼ぶん
じゃなくて、小田和正が今年リスペクトした歌手で小田と繋がりのない人、
また、TVとか呼んでも来なそうな人を呼ぶ事に、意味があるのではない
だろうか?

手紙や言葉では伝わらない、当日歌ってるその姿やそのスタイルが、
来なかったゲストや視聴者にどう響いてるのかを10回目にして
もう一度考えるべきではなかったのではないか?

昨年のように大勢の方が賛同し来てくれるようになったのは、
これまでの回数を重ねた結果、成功している賜物だとは思います。

「小田和正をメインにアーティストがお互い認め合える番組を目指した」
とありますが、去年と同じ人を呼んでもなんの新しい発見や、観ていて
聞いていて、ドキドキやワクワク感が何もないのです。

この人とある意味ミスマッチ?的な要素、「え?」というコラボしそうも
ない人と一緒に歌う、そういう観ていて期待や不安する要素があり、
それがどう絡みあうのかを観たい!

クリスマスの「約束」にはそういうゲストが、来るか?来ないか?的な
要素があったと思います。

何か自分の主観が強くなってきているような気がしたのですが、
wikipediaをみてやっぱりそうだよねと思いました。

来年こそは、「クリスマスの約束」を守って欲しい(願)
毎年楽しみにしている一ファンより(2010/12/31追記)

  • 2010.12.30 Thursday
  • 01:56

-

スポンサーサイト

  • 2011.03.16 Wednesday
  • 01:56
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment
全く同感です。
Mr.オーディーエーでなくとも、この手の番組ならアザーシンガーでも可能だと思います。
確かに、約束には裏切られる危険性を孕んでいる訳で、その不確実性に惹かれるんだと思います。
しかし、許容できる裏切りは一度だけなのです。
2011の約束はしっかり守ってもらいたいものです。
指切りゲンマン。
  • happydragon
  • 2010/12/31 5:33 PM
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2011/06/13 12:42 PM
Send Comment








   
この記事のトラックバックURL
Trackback